イメージ
イメージ

調理
Culinary

Staff Profile
氏 名
河本 英樹
所属部署
調理部
職 位
アシスタントシェフ
入社日
H17.4.1
在学時の所属学部
調理師本科
イメージ

経歴

2005年 調理部 洋食宴会
2007年 調理部 ラ・フルール
2010年 調理部 ラ・フルール 副主任
2012年 調理部 サザンコート 主任
2014年 調理部サザンコート アシスタントシェフ
2014年 9月~2015年8月まで自己啓発休職 フランスへ
2015年 調理部 ラ・リサータ アシスタントシェフ
2016年 調理部 ラ・フルール アシスタントシェフ
2017年 調理部 コトシエール アシスタントシェフ

仕事のやりがい、入社して良かったこと

入社後は希望通り宴会調理に携わり、2,000名を超える宴席のブッフェ料理提供を経験したりする中で、段取りの大切さ、サービススタッフとの連携、衛生観念などの基礎を叩き込まれました。3年目にフレンチレストランの「ラ・フルール」に異動となり、そこに在籍した4年間で計3名のシェフに指導していただきました。
どなたも個性的で、食材の捉え方、料理への取組み姿勢、指導の方法などさまざまで、刺激が多く勉強になりました。
そして、入社7年目にスカイラウンジの「サザンコート」へ異動、実質的にシェフとして業務に従事することになりました。席数は116席、5名の部下を持つことになったのですが、シェフ会議に出ても専門用語が分からず周りについていけなかったり、部下が辞めていったり、売上が下がったり…。
店を預かるというのはこんなに大変なんだと、自分の至らなさを痛感しましたが、任されることで成長できたとも思っています。
その後、会社の制度を利用して1年間のフランス研修に行かせてもらいました。
現地ではミシュラン星付きのレストラン4店で研修を受けました。食材や料理について勉強になったのはもちろん、西洋の歴史や人、風土などを肌で感じることで料理人としてのみならず、人としての幅も広がったのではないかと思っています。

イメージ

今後の目標、学生へのメッセージ

入社10年目の今、フレンチレストランのシェフになるという目標が現実になろうとしています。
次はフランス研修時にお手伝いさせていただいたボキューズドールのコンクールに日本代表として出てみたいと思っています。入社した当初は辞めたいと思うことが何度もありましたが、3年は勤めないとダメだと思って一生懸命やっていたら、たくさんのチャンスをもらうことができました。
職場は厳しい面もありますが、逃げずに頑張っていれば周囲の人はちゃんと見てくれています。ぜひホテルグランヴィア京都でともに最高の料理人を目指しましょう。